FX用語集 M あ行

移動平均線(Moving Average)

移動平均線とは、一定期間の価格データの平均値を求め、その値をグラフ上に線で表したものです。例えば、ドル円の移動平均線を求める場合、一定期間のドル円の平均値を求め、その値を線で表します。

移動平均線は、トレンドを確認するために利用されることが多く、長期移動平均線と短期移動平均線を組み合わせることで、市場のトレンドを判断するための指標としても使われます。また、移動平均線を利用して、相場の売買シグナルを判断することもできます。

よく使われる移動平均線の例

日足チャートでは21日線、25日線。

週足チャートでは13週線(3カ月間)、26週線(6カ月間)、52週線(1年間)が比較的よく使われます。

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-FX用語集, M, あ行

© 2024 BondoFX