相場感

8/31(木)ドル円の相場感と今日の主な指標

しょーちゃん
早いもんで今日で8月も終わり。月末は大口の決済フローなどでテクニカルが効きにくくなったりして、変な負け方をすることが多いので注意したいですね。

ドル円の見通し

昨日21時半の指標が予想よりも弱く145.50あたりまで売り込まれたドル円は、一転23時の指標が上振れたことにより146円台に回復した。

日足のMACDはデッドクロス、RSIはダイバージェンスを形成しており、これらのシグナルは転換を示唆している。

今日は21時半にPCEデフレーターの発表があるが、FRBはこの個人消費の指標を重要視しているため、数字次第で荒れるだろう。予想よりも上回れば(さらなる)利上げ観測でドル高になるが、下回ったほうがサプライズとなりドル売りが強くなるのではないだろうか。

テクニカル的には、高値147.40から安値145.70の50%戻りの146.50どころで止められて反落している。前述の指標や明日の雇用統計で147円に乗っけられずに、144.50を下回れば前述のオシレーターも含めてトレンド転換のシグナルが強化され、まずは140円程度、中長期では130円あたりまでの下落トレンドを見込む。

トレードアイデア

まずは145.60~146.60のおよそ1円幅のレンジを意識する。その中で細かく区切りながら短期勝負に徹する。

時間足では上値が切り下がってきているので、146.30~40をバックに戻り売り。145.90割れでレンジ下限145.60までの下落をみる。レンジだからといってレンジ下限での逆張りロングはおすすめしない。

くりかえすが、指標次第でまた上を目指す可能性があるので、どちらにせよ指標前にはクローズしておくことが肝要である。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

売りシグナル継続中。

(画像クリックで拡大できます)

8/31(木)の主な指標

08:50 日・7月鉱工業生産(速報値)(前月比/前年比)
08:50 日・7月小売売上高(前月比/前年比)
10:30 中国・8月製造業PMI
10:30 中国・8月非製造業PMI

15:00 独・7月小売売上高(前月比/前年比)
16:00 トルコ・第2四半期GDP(前期比/前年比)
16:55 独・8月失業率
16:55 独・8月失業者数増減(前月比)
18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数(速報値)(前月比/前年比)
18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数(コア)(速報値)(前年比)
18:00 ユーロ圏・7月失業率

21:00 南ア・7月貿易収支
21:00 メキシコ・7月失業率
21:30 米・7月個人所得(前月比)
21:30 米・7月個人消費支出(前月比)
21:30 米・7月PCEコア・デフレータ(前月比/前年比)
21:30 米・新規失業保険申請件数(前週分)
21:30 加・第2四半期経常収支
22:45 米・8月シカゴ購買部協会景気指数
23:30 米・EIA天然ガス貯蔵量(前週比)

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX