相場感

8/4(金)ドル円の相場感と今日の主な指標

ドル円の見通し

昨日の記事で書いた、4時間足が大陰線のはらみ足で決まれば、下落転換への”小さなシグナル”としていたが、そこから142.06どころまで下落した。

141円台までつっこんで日足が終われば、もっとしっかりとした転換シグナルになったと思うが、土俵際いっぱいで残った。

従って、今日の雇用統計の数字が良ければ、また円安方向に戻る目はある。

逆に、悪い数字となれば141円に突っ込んで、いよいよ前日高値143.89でトップアウトの可能性が濃厚になってくる。そうなるとまずはジグザグしながら137円どころに向けての下落波動再開となるだろう。

雇用統計次第になるので、テクニカルは無効になる可能性がある前提として書くと、

雇用統計が良かった場合は、143.89を超えるのか、はたまたダブルトップになるのか?143円台でクローズすれば、まだ来週に高値更新、円安トレンド継続の可能性は残るだろう。ただ、高値を一時的に超えてもフェイラーになれば、それは下落のシグナルとなる。

雇用統計が悪かった場合は、141円台ないし141.50以下で週末値が決まれば、トレンド転換が確定的となってくる。

そして、20年シーズナル的には来週から円高傾向が強くなってくる。そしてそれは8月下旬まで続くようだ。しかし、その後はジグザグしながらも年末まで円安トレンドになるのだ。もし仮にこの通りになるとしたら、8月のドル円はどこまで落ちるだろうか?やや気が早いがちょっと楽しみではある。まずは今日の雇用統計を見届けたい。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

8/2(水)の買いシグナルは最大で+68pipsの利益。

現状は、8/3(木)21時確定の売りシグナルが点灯中。

(画像クリックで拡大できます)

8/4(金)の主な指標

10:30 豪中銀・四半期金融政策報告
15:00 独・6月製造業受注(前月比)

17:30 英・7月建設業PMI
18:00 ユーロ圏・6月小売売上高(前月比/前年比)

21:30 米・7月失業率
21:30 米・7月非農業部門雇用者数
21:30 米・7月労働参加率
21:30 米・7月平均時給(前月比/前年比)
21:30 米・7月週平均労働時間
21:30 加・7月失業率
21:30 加・7月雇用者数変化
23:00 加・7月Ivey購買部協会指数

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

トレード歴16年目。2008年リーマンショック直前よりFXを開始。二児の父。苦節9年もかかり、”トレードの本質”と”自己最適化トレード”を見出し、現在は週間・月間では負けナシ。スキャル~短期デイトレが中心。2022年よりスイングトレードも取り入れるべくオリジナルMT4用ツール【BondoSignal】を開発。「億」を「毎年安定的に」稼げるよう日々獅子奮迅中。

-相場感

© 2023 BondoFX