相場感

8/3(木)ドル円の相場感と今日の主な指標

ドル円の見通し

昨日、米格付け機関が米国債を格下げしたことで円高に。そして、本日13時に日銀が臨時買い入れオペを通告したことで円安となり、143.89円まで上昇した。

現在すでに欧州タイムに入っているが、欧州によくある”東京の動きと反対方向への動き”を示現している。

テクニカル的には誰がみても上昇トレンドは続いており、昨日の記事に示したサポート2の142.20どころからの押し目買いが奏功した。

現状、4時間足で大陰線の包み足で終われば、143.89で円安の流れの終了を告げる”小さなシグナル”となる可能性がある。(執筆時点でまだ残り1時間ある)

日足が141円台で終わると、より強い転換シグナルとなるだろう。

ただ、明日は雇用統計があるので、その結果次第ではひっくり返される可能性はあるのだが。

なので、スイングレベルでは、もう明日8/4(金)の雇用統計と週末の動きはスルーして、来週からの勝負でよいのかもしれない。

もし来週から「8月は円高アノマリー」とリアルチャートの転換が一致すれば、ショートがおいしい相場になる可能性がある。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

7/28(金)25時の買いシグナルは+280pipsの利益。

8/2(水)18時の売りシグナルは▲100pipsの損失。

そして現状は、8/2(水)25時の買いシグナル点灯中。

(画像クリックで拡大できます)

8/3(木)の主な指標

10:30  豪・第2四半期小売売上高/6月貿易収支
10:45  中国・7月Caixinサービス業PMI

15:00  独・6月貿易収支
15:30  スイス・7月消費者物価指数
16:00  トルコ・7月消費者物価指数/生産者物価指数
16:55  独・7月サービス業PMI(確報値)
17:00  ユーロ圏・7月サービス業PMI(確報値)
17:30  英・7月サービス業PMI(確報値)
18:00  ユーロ圏・6月生産者物価指数
20:00  英中銀(BOE)政策金利発表/四半期金融政策報告
20:30    ベイリー・BOE総裁 定例会見

21:30  米・新規失業保険申請件数
22:45  米・7月サービス業PMI(確報値)
23:00  米・7月ISM非製造業景況指数/6月耐久財受注(確報値)
23:30  米・EIA天然ガス貯蔵量

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。2008年リーマンショック直前よりFXを開始。苦節9年もかかり、”トレードの本質”と”自己最適化トレード”を見出し、現在は週間・月間では負けナシ。スキャル~短期デイトレが中心。妻の第二子妊娠を機にスイングトレードも取り入れるべくMT4用ツール【BondoSignal】を開発。2023年はドル円のみで+9134pipsを稼ぐ。それを使ったメルマガトレードを無料で配信中。

-相場感

© 2024 BondoFX