相場感

8/23(水)ドル円の相場感と今日の主な指標

ドル円の見通し

ドル円は4時間足で右肩下がりのダブルトップをつけたかたちとなっている。しかし、ジャクソンホールを控えて動き難く145円を割れずに高値圏にとどまった状態。

145円を割れるなら、(あくまで時間足レベルではあるが)ダブルトップ確定でトップからネックラインおよそ1.5円幅の等倍である144.50を目指すことになる。

そうなった場合、146.55がトップとなり、下落波動に転換する第1シグナル点灯となるだろう。

ただ、米10年債利回り、ドルインデックスは高値を突破しようとしており、ユーロドルは昨日1.09台から1.08前半まで急落しており(円が弱いというよりも)ドルの強さが目立っている。これらを鑑みると、ドル円もなかなか下がりにくいだろう。

ちなみに、8/24(木)から(9/16(土)まで)水星逆行期間に入り、同じく24日からジャクソンホールが始まる。パウエル議長の会見は8/25(金)日本時間23時の予定。

水星逆行中は、なぜか相場の波乱や転換が起こりやすい期間とされており、現在のドル高円安相場が転換するのか注目したい。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

8/17(木)の売りシグナルは+96pipsの利益。

8/21(月)の買いシグナルは+47pipsの利益。

現在は8/22(火)19時に確定した売りシグナル中。

(画像クリックで拡大できます)

8/23(水)の主な指標

07:45  NZ・第2四半期小売売上高

16:30  独・8月製造業/サービス業PMI(速報値)
17:00  ユーロ圏・8月製造業/サービス業PMI(速報値)
17:00  南ア・7月消費者物価指数
17:30  英・8月製造業/サービス業PMI(速報値)

21:30  加・6月小売売上高
22:45  米・8月製造業/サービス業PMI(速報値)
23:00  米・7月新築住宅販売件数
23:30  米・EIA原油在庫

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX