相場感

6/5(月)ドル円予想と今日の主な指標

ドル円の見通し

雇用統計の雇用者数が予想よりも大幅に増加、ドル独歩高によりドル円が140円台に乗せて越週した。139.50~60を突破したことにより、テクニカル的にも上げやすくなった。

下記のサポートを支持帯としながら、直近高値140.90を目指す押し目買いとしたい。

サポート1としては、139.90に節ができている。
サポート2としては、139.50。

サポート2の139.50を割れるようだと、140円台が高値として意識されたことにより、139.00~138円ハイを試しにいき、再び下値固めの時間が必要になると思う(その後再度140円チャレンジ)。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

6/1(木)の売りシグナルは、その後の下値攻めのヒゲ先で利確できれば+44pipsの利益。それができていなければ6/2(金)の買いシグナルでドテンして▲78pipsの損失となった。そして現在は、買いシグナル続行中である。

6/5(月)の主な指標

10:45  中国・5月Caixinサービス業PMI

15:00  独・4月貿易収支
15:30  スイス・5月消費者物価指数
16:00  トルコ・5月消費者物価指数/生産者物価指数
16:55  独・5月サービス業PMI(確報値)
17:00  ユーロ圏・5月サービス業PMI(確報値)
17:30  英・5月サービス業PMI(確報値)
18:00  ユーロ圏・4月生産者物価指数

22:00    ラガルド・ECB総裁 議会証言
22:45  米・5月サービス業PMI(確報値)
23:00  米・5月ISM非製造業景況指数、4月耐久財受注(確報値)、製造業受注

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX