相場感

シリコンバレー銀行破綻でリスク回避の円高・株安

3/10(金)の米雇用統計は、雇用者数自体は予想よりも多かったが、平均時給や失業率が予想よりも悪かったため、ドル円は円高に振れた。

と思ったが、それよりも米シリコンバレー銀行(SVB)の破綻により、急激に円高が加速し、134円フラットどころまで下落した。

原因はどうあれ、3/10の記事でも書いたように、結果的に135.30を割れたら、133~134あたりまで下落する可能性を見ていたので、想定しておいたことが功を奏した。

リーマンショック以来の最大規模の銀行破綻と騒がれており、これがどのくらい波及するかはわからないが、一時的な円高はまだ続く可能性はあるものの、過度なリスク回避の円高にはならないとみている。

それこそ、シーズナル的には3/17(金)頃まで円高の流れになりやすいと出ているが、自ずとまた円安の流れに切り替わってくるのではないか。

つまり、中期的な目でみれば、それはやはり「よい押し目」を供給してくれているのではないかと考えている。

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX