相場感

6/1(木)ドル円予想と今日の主な指標

ドル円の見通し

5月が終わったので、ドル円の月足・週足という長い足のローソクをみると、大陽線となっていて、プライスレベルが一段持ち上がったようにみえる。140円にのってから「高値警戒感」をもっているが、これらの足をみると、137.50以下の下値攻めもできないと感じる。

つまり、中長期の値幅を考えると、137.50~145.00あたりが主戦場になりそうだ。

直近では下落してきているが、これも限定的だろう。まずは直近ダブルトップ140.90を超えられるかどうか。そして、最高値151.90からの61.8%戻しの142.50を目指すか、といったところだ。

下値としては、昨日の記事で書いた、ダブルトップの等倍の下落幅に相当する139.30はすでに達成した。そして、現状はサンドイッチラインの139.00のサポートから反発している。その下のサポートとしては、138.20(5/11上昇起点からの38.2%押し)どころで、さらにその下だと137.40(同50%押し)だろう。

週足・月足からみる下値としてはこのあたりがメドとなりそうだ。

明日6/2金は米雇用統計がある。その結果次第で再来週のFOMCを模索する展開になるだろう。昨日の4月JOLT求人数が予想を上振れたことにより、雇用統計も上振れる予想になっているようだ。なお、今日はその前哨戦となるADP雇用統計もある。

中長期ではまだ上昇だろうが、短期的にはまだ下落が続くのか、もう切り返しに入るのか見極めたい。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

売りシグナル継続中。

6/1(木)の主な指標

15:00  独・4月小売売上高
15:00  スイス・4月貿易収支
16:55  独・5月製造業PMI(確報値)
17:00  ユーロ圏・5月製造業PMI(確報値)
17:30  英・5月製造業PMI(確報値)
18:00  ユーロ圏・5月消費者物価指数(速報値)/4月失業率
18:00  南ア・5月ABSA製造業PMI
18:30    ラガルド・ECB総裁 講演
20:30  欧州中銀(ECB)議事要旨

21:15  米・5月ADP民間雇用者数
21:30  米・新規失業保険申請件数
22:45  米・5月製造業PMI(確報値)
23:00  米・5月ISM製造業景況指数/4月建設支出
23:30  米・EIA天然ガス貯蔵量
00:00  米・EIA原油在庫

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX