相場感

5/15(月)ドル円予想と今日の主な指標

ドル円の見通し

注目していた133.30~134.30の1円幅のサポートゾーンだが、見事にサポートされ反発している状況。

5/5~5/10までゆるやかな上昇チャネルを形成し、5/10の大陰線でそのチャネルを下抜けしたが、現状そのチャネルを上抜けしており、一種のダマシのようなかたちで上昇に勢いがある状況である。中期的には直近最高値の137.70を目指すとみているが、シーズナル的にはレンジなので、一足飛びには上昇できず、上下動をくりかえしながらの動きになるのではないだろうか。

直近のサポートとしては、135.20~40とみている。その下だと直近の上昇の起点となっている134.70あたりだろう。上目線ではあるが、高いところからの上値追いはせず押し目買いに徹したい。

BondoSignal(ボンドシグナル)ドル円1時間足チャート

5/10点灯の売りシグナルは+64pipsの利益。5/11の記事で「サポートゾーンに入っているので、この売りはあまり長く持ちたくない」と書いていた通りサポートで反発した。

5/12(金)15時台に買いシグナルが点灯、16時に確定して、現状では+110pips程度の含み益である。上述したとおり、137.70まで一直線に上昇するとは思っていないため、いま136円のキリ番に近く、100pips以上の利がのっていることもあり利食いしてもよいだろう。利食い千人力である。

 

5/15(月)の主な指標

18:00    ユーロ圏・3月鉱工業生産(前月比/前年比)

21:10    ナーゲル・独連銀総裁 講演
21:15    加・4月住宅着工件数
21:30    米・5月NY連銀製造業景気指数
21:45    ボスティック・アトランタ連銀総裁 挨拶
22:15    カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 会議出席

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX