相場感

4/19(水)ドル円予想と今日の主な指標

ドル円見通し

昨日の見通しで書いたように、上値を26週MA134.70でピッタリ止められた。現在4/19(水)朝8時時点で、ドル円は1時間足で三角持ち合いとなっている。

133.70が固くなってきているので、そこをサポートに再び26週MA134.70を伺う展開か。

133.70を割れるとなると、133.40までは出来高が少ないと思われるため、スルっと落ちるだろう。133.40で止まれなければ133円フラットにある13週MAが次のサポートとなる。

26週MAと13週MAに挟まれたレンジの展開がいつ破られるか。それまではレンジ取引に徹し、ブレイクしたほうについていく。

BondoSignal(ボンドシグナル) ドル円1時間足

1時間足のBondoSignalは、4/18(火)20時に売りシグナルが133.89で確定している。現状ではアゲインスト状態。シグナルとしては、三角持ち合いを下にブレイクすると踏んでいるようだ。

1時間足直近高値134.40ブレイクか、その手前で1時間足が陽線で確定すると買いシグナルが点灯しそう。なので、そこを損切(ドテン買い転換)に現状の134円フラットから売って133.70~80で半分利確。もう半分は133.40までひっぱりたいが、プライスアクションをみて133.70~80で反発しそうなら全利確する。

4/19(水)の主な指標

15:00  英・3月消費者物価指数/生産者物価指数
/小売物価指数
17:00  ユーロ圏・2月経常収支
17:00  南ア・3月消費者物価指数
18:00  ユーロ圏・3月消費者物価指数(確報値)
19:35     レーン・ECB専務理事 講演
20:00  南ア・2月小売売上高
21:15  加・3月住宅着工件数
23:30  米・EIA原油在庫

03:00  米・ベージュブック公表

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

トレード歴16年目。2008年リーマンショック直前よりFXを開始。二児の父。苦節9年もかかり、”トレードの本質”と”自己最適化トレード”を見出し、現在は週間・月間では負けナシ。スキャル~短期デイトレが中心。2022年よりスイングトレードも取り入れるべくオリジナルMT4用ツール【BondoSignal】を開発。「億」を「毎年安定的に」稼げるよう日々獅子奮迅中。

-相場感

© 2023 BondoFX