相場感

ドル円はWボトムからのチャネル上抜け。→直近高値137円を目指すか

ドル円は135前半で、日足ローソクで下ヒゲのWボトムをつけ、かつ直近高値137円からの下降チャネルを上抜けしている状態だ。

135円を割れなければ、直近高値137円、もしくはそれの上抜けを目指す流れになるか。時間足レベルではすでに135円ミドルが固くなっているようだ。

ポンド円、ポンドドルは?

ポンドドルは日足チャートで三角持ち合いが煮詰まってきている。そろそろどちらかに抜けてもよい頃合いだ。

シーズナル的には3月いっぱいはレンジで、4月はポンド高の傾向。

なので、下に抜けてもそれほど下がらず、結果的にダマシになり上昇していくというシナリオも描ける。

そう考えると、ドル円・ポンドドルの掛け合わせ通貨ペアであるポンド円は、下値は堅く、ロングにうまみがあることになる。

ポンド円の個別チャートをみれば、高値166円からの下落後、およそ163.00~163.80のレンジを形成中。

156円台の上昇トレンドラインも割っていないので、164円台に乗ってくると上値を伸ばしてくる可能性が高い。

なお、ポンド円のシーズナルは、3月中旬から4月末までポンド高に推移する傾向が強いことを示している。

 

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX