FX初心者白熱講義

トレードに王道はあれど、「正解」はない

トレードに王道はあれど「正解」はありません。

えてしてFX初心者のころは、トレードの「正解」や「答え」を求めがちになります。

正解を唯一の「解」とする学校教育の弊害か、トレードにも正解がある、正解らしきものがあると思ってしまう人が多いのですが、過去にまったく同じ相場は出現しないため(似たようなかたちになることは多い。これを「韻を踏む」といったりします)、過去の正解は現在や未来の正解には成り得ません。

逆にいうと、勝てば官軍、相場の道理に反しようが、そんなやり方はダメだと言われようが、ぶっちゃけ勝ちゃあなんでもいいんです。それで勝ち続けられればそれがアナタの正解なのです。

ところで、トレードの”王道”ってなんだ?

トレードに正解はないけれど、「王道」といわれるものはあります。

たとえば…

・トレンドフォローに徹せよ(Trend is your friend)

・逆張りヤメロ

・ナンピンはご法度

・リスクリワードは常に1対1以上で

・初押し(最初の押し目)を買え

・損切は絶対

などなどたくさんありますが、これら一つ一つは合理的で”王道”と言えばまさにその通りなのです。でも正解ではない。

これら王道に対して僕の例でいえば、BIGトレンドに乗るのは苦手(トレンドの初動は得意、乗り続けるのは苦手)、逆張りはまあまあ得意、(計画)ナンピンはしょっちゅうだし、リスクリワードは1対1以下のこともあれば、初押しは負けることが多く(機関投資家によるダマシ)、方向性に自信があれば損切を耐えることもあります。

何が言いたいかというと、

一般的にいわれる
トレードの”王道”や”常識”と
いわれるものに囚われるな!

ということなのです。

「正解」は自分の中にある

相場に正解はありませんが、あるとすればそれは自分の中にあります。

換言すれば、「正解は人それぞれ」なのです。

トレードというのは、自分に適したやり方を見つけ出す、見い出していく、なかなかに長い旅路なのです。

「まずは生き残れ」というのはそういう意味です。儲けるよりも、とにかく相場にかかわる時間を長くし、経験値を積みながら、自分にもっとも適したトレードスタイルを見つけていくことが先決です。それが確立てきたのなら勝ちや儲けは後からついてくるのです。

1ヶ月やそこらで退場してしまっては、自分がどういうトレードに向いているのかわかりません。仮に運よくドカンと勝てたとしてもトレードスタイルを見い出せなければいずれは相場を去ることになります。

トレードはどうしたって学習と鍛錬が必要です。スポーツや芸事がそうであるように。それにはやっぱり相応の時間がかかります。

トレードの最初の数年はまさにトレーダーとしての”自分探しの旅路”なのです。

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-FX初心者白熱講義

© 2024 BondoFX