無料メルマガトレード実績 相場感

12/1(金)ドル円の相場感。月足が決定

ドル円の見通し

12月になったことで、昨日に11月の月足のローソク足が決定した。

2022年の高値とのダブルトップとみなせば、今回のセカンドトップである11月のローソク足は、10月の陽線を包みこむ”陰線包み足”となった。ダブルトップのセカンドトップが陰線包み足となった場合、絶好のショートタイミングのサインとみなしている。

ひと足早く週足ではその形になっていたため、11/20(月)のドル円の見通し記事で同じように書いた。その週では高値151円近辺まで戻したものの、147.15まで下落したのであった。

現在、148円どころまで戻しているが、ターゲットは142円、浅くて145円とみている。

トレードアイデア

現在、高値149.67からの下落波動の修正が入っているとみなして、その61.8%戻りが148.52でちょうど昨日(11/30)の高値となっている。

そのため、すでに修正が完了している可能性もあり、ここからは下落再開を見極める局面ではないだろうか。

148.52を超えるならまだ戻りは続くとみるべきで、その上は149.00どころだろう。

ここから欧州時間、NY時間に入ってくるが、下落再開となるならば売りでついていきたい。148円を割れてくるようであれば、一旦売ってみたい。

それと同時にBondoSignalが売りシグナルに転換するのならなおよいだろう。

148.30を上方向にブレイクするのであれば、前日高値148.52を目指すダブルトップを目指す可能性もある。そうなれば売り仕掛けするにはわかりやすい。

ただ、今日は月初かつ週末でもあるため、下落波動再開は来週に持ち越される可能性もあるため、相場を眺めるだけでもよい。無理は禁物だ。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

11/27(月)の売りシグナルは、最大で+230pipsの利益。

現在は、11/30(木)22時に確定した売りシグナル中。

(画像クリックで拡大できます)

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-無料メルマガトレード実績, 相場感

© 2024 BondoFX