相場感

ラリー・フィンクとレイ・ダリオは「危機はいずれ波及する」と指摘した

ブラックロックCEOのラリー・フィンクは、「銀行危機はさらに悪化する恐れがある」と指摘した。

ブリッジウォーター創始者のレイ・ダリオは、シリコンバレー銀行の破綻を「炭鉱のカナリア」と述べ、「初期的な兆候を示しているこの動きはベンチャー界のみならず、より広い世界に波及効果を及ぼすだろう」と発言した。

いまのところ、DVB破綻の影響は限定的で、クレディスイスにはスイス金融当局が7兆円の支援に動くとのことで、リスクオフはやわらいでいる。

もしや、2007年のサブプライムローン問題からの、2008年リーマンショックと同じ流れになるのか?

奇しくも2007年は米大統領選前年、2008年に民主党のオバマが当選した。2023年も大統領選前年、2024年が大統領選である。

サブプライム問題の元も、それまで中央銀行が行ってきた利上げの影響が濃い。それを教訓にFRBは、これまでの利上げペースを落とそうとしているキライがあるが、はたしてどうなるか。

大統領選前年というのは、歴史的に株価は得てして強気である。

直近少し問題があぶり出されたところで、いまは割と皆が株価暴落に身構えているが、皆が忘れたころ・・・来年2024年が本当の危機の訪れかもしれない。

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

トレード歴16年目。2008年リーマンショック直前よりFXを開始。二児の父。苦節9年もかかり、”トレードの本質”と”自己最適化トレード”を見出し、現在は週間・月間では負けナシ。スキャル~短期デイトレが中心。2022年よりスイングトレードも取り入れるべくオリジナルMT4用ツール【BondoSignal】を開発。「億」を「毎年安定的に」稼げるよう日々獅子奮迅中。

-相場感

© 2023 BondoFX