相場感

3/11(月)~ドル円の相場感。戻り売り相場で数ヶ月かけて130円を目指すか。

先週先々週の記事でも言及してきたように、
(ようやく)ドル円が落ちてきた。

日柄やポジションの偏り、
それに伴うプライスの面からしても、
やはり2/13の150.85アラウンドが円安の限界値だったようだ。

現状は13週MA(146.70)に支えられている状態である。

と、同時に2023年12月の安値140.20から、
直近最高値150.85のフィボナッチ38.2%どころにもあたっている。

ややもすると、短期的には
一旦リバウンド局面が訪れるかもしれない。

反発の目安としては、148.30~50をメドとしたい。

このまま続落するのであれば、
フィボ50%の145.50を目指すことになるだろう。

最終的には、この下落波動は、
中長期的に直近安値140.20を割れ
2023年の安値127円処を目指す可能性もある。

ドル円日足チャート

3/15(金)春闘第1回集中回答結果で4%以上なら、3月の日銀会合でマイナス金利解除か

3/18~19に日銀政策決定会合が行われる。

マーケットのコンセンサスでは、
4月の日銀会合でマイナス金利解除とされているが、

ぼくは以前から3月にやる可能性を指摘してきた。

ここにきて、先週あたりから
日銀界隈からタカ派的ニュアンスの発言が頻発している。

会合に先駆けて、
3/15(金)に春闘の1回目の回答結果が発表されるようだ。

これは全4回だか発表されるようだが、
過去の事例をみると、
ほぼ第1回目の結果からブレることはないらしい。

つまり、1回目の結果がすべてだということ。

そして、この結果が4%以上の賃上げなら、
日銀はマイナス金利解除に動く可能性が高いということだ。

ドル円は下落波動に転換してきたが、
マイナス金利解除を織り込んでいるとはいい難い。

3/15までにどれだけ織り込むか?
その結果を受けてどういった動きをするのか?
さらにその先の利上げサイクル
(ないし利上げしないサイクル)も先取していくのか?

ようやく動き出してきたドル円。
おもしろくなってきそうだ。

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-相場感

© 2024 BondoFX