無料メルマガトレード実績 相場感

12/15(金)ドル円の相場感。と売買サインツール”BondoSignal”実績

ドル円の見通し

12/13(水)午前4時にあったFOMCでは、ドットプロットで2024年の利下げが3回、パウエル議長が利下げについて話したなどと、市場の予想よりもハト派だったことで、ドル円は急落した。

だいぶ前から書いていたように、ドル円は下方向(円高)をみていたので、個人的にはよかった。

ここからは、また反発の局面になりそうだが、大きな方向としては目標値130円である。

では、戻りの目安がどこなのかというと、前回安値141.65からの反発局面は、151.90からの50%戻し付近の146.60どころまでだった。かつ、26週MAもそのあたりにあった。

今回の安値140.96と下落を開始した高値146.60のフィボ50%どころは、143.76である。つまり、前回同様に50%戻すなら143.76までのリバウンドがあってもおかしくない。

しかし、すでにサードオブサードの下落局面に入っているならば、そこまで戻らずに(例えば38.2%戻しの143円フラットどころまでの戻りにとどまり)下落再開となり、140円割れの流れになる可能性がある。

来週12/19(火)の日銀会合に注目である。サプライズでタカ派になるなら、140円割れも必至となるだろう。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

12/8(金)の買いシグナルは、+164pipsの利益。

12/12(火)の売りシグナルは、+79pipsの利益。

12/13(水)の買いシグナルは、▲62pipsの損失。

現在は、12/13(水)25時に確定した売りシグナル中。

(画像クリックで拡大できます)

(画像クリックで拡大できます)

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

FX歴16年目のトレーダー。会社員の傍ら2008年にFXを開始。リーマンショックで売りから入ったにも関わらずなぜか全損。スキャル、デイトレ、スイング、自動売買とあらゆる手法に手を出し、苦節9年かけ2017年ようやく勝ちが上回るようになる。2019年ほぼ専業体制に移行。2022年に億トレ達成。2020年から月間で負けナシ連勝記録更新中。現在はスキャル~短期デイトレが中心。2児の父。

-無料メルマガトレード実績, 相場感

© 2024 BondoFX