相場感

7/25(火)ドル円の相場感と今日の主な指標

ドル円の見通し

昨日のドル円は欧州のPMIが悪かったこともあり、クロス円の下げに連れて140.70どころまで下げた。また、日銀が物価見通しを引き上げるという報道も影響したようだ。しかし、NY時間には切り返しの動きとなった。FOMCまではこのようなレンジが続きそうだ。

テクニカル的にみると、
上値はフィボ61.8%の142.10がレジスタンスとなり、それを超えられるかどうか。ここをしっかり超えれば一旦上に走る可能性はある。

下値は昨日の安値140.70~140.50がサポート価格帯となるだろう。その下だと140.20に13週MAがあがってきており、長大陽線の起点も重なっているため140.00~140.20の価格帯が次のサポートとなる。逆に言えば、140円をしっかり割れるようだと、円安への戻りは終わった可能性が出てくる。

BondoSignal(ボンドシグナル)1時間足チャート

7/19(水)午前3時に確定した買いシグナルは最大+305pipsの利益。7/24(月)22時に売りシグナルが確定し、これは▲54pipsの損失。そして、ついさっき7/25(火)8時に再び買いシグナルが確定した。

(画像クリックで拡大できます)

7/25(火)の主な指標

17:00  独・7月IFO企業景況指数

22:00  米・5月FHFA住宅価格指数/S&P/CS住宅価格指数
23:00  米・7月CB消費者信頼感指数

  • この記事を書いた人
アバター画像

しょーちゃん

トレード歴16年目。2008年リーマンショック直前よりFXを開始。二児の父。苦節9年もかかり、”トレードの本質”と”自己最適化トレード”を見出し、現在は週間・月間では負けナシ。スキャル~短期デイトレが中心。2022年よりスイングトレードも取り入れるべくオリジナルMT4用ツール【BondoSignal】を開発。「億」を「毎年安定的に」稼げるよう日々獅子奮迅中。

-相場感

© 2023 BondoFX