筆者紹介

織田ボンド

2008年よりFXを開始。

当時、リーマンショックの下落を予想するも、ポンド円の下落3波の修正B波の上げ中にどんどんショートポジションを積み増しし、B波の頂点215円で人生初のロスカット。その後ポンド円は120円割れまで下落した。

トレード歴10年を超え、トレーダーとして通る道をほぼすべて通ってきたように思う。

勝てる手法を探してさまよう「聖杯探しの旅」
からの情報商材を買いあさる「手法コレクター」。

インジケーターを8個同時表示し、
その最適パラメーターを永遠に調整する
通称「インジ沼」にハマる。

裁量ではダメだと思い、
自動売買に手を出すもあえなく撃沈。

ここまでで5年の歳月を費やす。

ようやく、「もっとトレードや相場の”本質”をつかまなければダメだ」と思い、
ローソク足のプライスアクション、相場心理、通貨の相関と強弱関係、時間帯の特性、通貨の特徴など、
より本質的な事柄にフォーカスすること2年半、ようやく月間・週間において負けナシで勝てるようになる。

ゆえ、モットーは
「FXに才能はいらねぇ、努力だけさ。」

BondoFXでは、FXという武器を使い「人生における自由な選択肢」を増やすための技術、施策、思考法、方法論をお伝えしていきます。そのためにはトレードにおける臨機応変さ、しなやかさ、強靭さが必要です。どこから見ても凡人なわたくし織田ボンド(織田凡人)が、なぜ勝ちトレーダーになりえたのか?そのエッセンスをお伝えしていきます。

一緒にがんばってまいりましょう!

© 2021 BondoFX | 相場の勘所!