【最大年利81.3%】キャピタルロス(為替差損)のないスワップ金利獲得戦略【FX不労所得 実現講義】

年利54%スワップ金利獲得戦略

「年利54%をたたき出す、ちょっと特殊なスワップ金利獲得戦略」を限定公開します。

興味のある方は、
メールアドレスを登録していただくか、
BondoFX公式LINEまで友達申請を行ってください。

どちらも【完全無料】です。

ご登録後すぐに、その方法を解説した動画のURLが配信されます。

メールアドレスで登録

LINEで友達申請

BondoFX公式LINE 友達申請

ご登録いただいたメールアドレス/公式LINEには、BondoFXより、FXに関する情報、限定動画や記事など、BondoFXに関するお知らせなどが不定期に配信される予定です。

なお、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、第三者への開示や譲渡などは一切行わず、上記の目的のみの使用とし厳重に管理されます。

僕がこの情報を公開する理由

同世代に捧ぐ。そして子供は日本の宝

僕がこの情報を公開する理由、

大それたことを言えば、
「奉仕」
「人助け」
「Give&Give」
「お金配りおじさん」
だいたいそんなイメージです。

僕はいわゆる就職氷河期世代の中でも
特に厳しかった“超”就職氷河期世代ですが、
このチャンネルを見てくれている人も、
同世代の30~40代が多いようです。

いうまでもなく、この年代は
結婚して家庭があれば、
子供の教育費や住宅購入など、
もっともお金がかかる時期であります。

そして、社会問題化しているように、
非正規雇用で苦しんでいる人も多い世代です。

にもかかわらず、
下のゆとり世代、さとり世代、Z世代?からの突き上げや、
上の年代や経営陣からは早めの肩たたきにあうという、
時代背景的によい思いをしたことのない、
本当に辛く厳しい世代だと思っています。

バブル崩壊からデフレが常態化した今日まで
「失われた30年」と言われますが、
少し政治や経済、歴史を勉強すればわかるように、
これを招いたのは長年の政治の無策・失策だと断言できます。

本当にそう思います。

正直、僕は政治に対して激オコなのですが、
とはいえ、政治家に何を言ったって
僕らの経済状態が今すぐ上向くわけではありませんね。

(声を上げることは必要です。
10年前に比べたら明らかに政治家は
SNSの世論を気にしています)

とはいえ、差し当たっては
やっぱり自分らで何とかするしかない。
(これまでずっとそうしてきたようにね!)

というわけで、この手法を使って、
月に数万円でも不労所得を獲得してほしい
そういう思いでいます。

僕にもかわいい娘がいるんで、
やっぱり子供は宝ですよ。
家庭にとってだけでなく、
日本にとってね。

だから、お子さんのいる人には、
この手法を使って得たお金で、
子供のために何かしていただければうれしいです
ね。

なんたって、これがイチバンの動機です。

さて、宇宙にもいった
巷で有名な“お金配りおじさん”ことM澤さん。
いろいろ言われているようですが、
単純にスゴイと思います。

でも、今回のこのスワップ金利獲得戦略なら、
実行した人は全員もれなく
毎日チャリンチャリンと金利がもらえる
わけです。

しかも、お金配りおじさんから
もらえる金額とは比較にならないほどの額を

まぁ、僕があなたに直接お金を配るわけではなく、
あくまで“投資”のイチ手法なので、
お金配りおじさんとは違うのかもしれませんが、

そのやり方を無料で提供しているんだから
言いえて妙なところもあるのでは??(笑)

本当の儲け話なら人に教えるはずがない!?

さて、よく「本当の儲け話なら人に教えるはずがない」という人がいますよね。

この手法でいえば、ゼロサムゲームでもないし、パイの奪い合いでもない、金利が発生する限りは、投資元本に対する誰でも得られる“配当”ですから、僕だけがこっそりやる意味もないんですね。

やりたい人はやればよい、
スルーするならそれもよし。
ただ、時間を味方につける“チリ積も”手法なので、
やるなら早くやったほうがよい
、というのはあります。

あえて、もうひとつ言えば、
仮にこれをやる人が爆発的に増えた場合、
業者側がスワップ金利を操作して金利を減らす可能性はあるので、
あまり大々的に広めるのはよくないかもしれません。
(なので、一応メアド登録はしてもらっています)

あとね、僕自身、ひとりで儲けてたってつまらんのですよ。

ただでさえ、FXの裁量トレードはゼロサムゲームなんだから、こうやって「みんな儲かる」みたいなやり方があったっていいじゃないですか。

さらに、「返報性の法則」てのがありまして、いいことをやれば、いいことが返ってくる、そういう”真理”みたいなものを信じてるってのもあります。

というわけで、
なぜ僕がこの手法をすすめるのか
というハナシでした。

ぜひ、有効活用してください。

織田ボンド

© 2022 BondoFX | 相場の勘所!